「お忙しいところすみません」の例文で使い方や言いかえ表現を解説

相手に時間をとらせて申し訳ないという気持ちを伝える「お忙しいところすみません」という言葉は、ビジネスシーンでよく使われます。ここでは、「お忙しいところすみません」と言われた時の返事やメールでの使い方を、例文と合わせて紹介します。

「お忙しいところすみません」の例文で使い方や言いかえ表現を解説のイメージ

目次

  1. 1「お忙しいところすみません」の意味
  2. 2「お忙しいところすみません」の使い方
  3. 3「お忙しいところすみません」を使うときの注意点
  4. 4「お忙しいところすみません」の例文【ビジネス・メール・電話】
  5. 5「お忙しいところすみません」への返事の仕方
  6. 6「お忙しいところすみません」の類語・言い換え表現
  7. 7相手を気遣う言葉を使いこなそう

「お忙しいところすみません」の意味

ビジネスシーンで日常的に使われている「お忙しいところすみません」という言葉ですが、どのような意味を持っている言葉なのか知らないまま使っている人も少なくありません。

ここでは、「お忙しいところすみません」の意味を紹介します。

相手に時間を割いてもらうことをお詫びする

「お忙しいところすみません」とは、「忙しい時に時間をとらせてしまって申し訳ない」という意味の言葉です。主に頼みごとや依頼をする時に使われます。

ビジネスでの意味

特にビジネスシーンでは、実際に相手が忙しいかどうかにかかわらず「申し訳ない」という気持ちを強調して、相手を気遣う態度を見せるために使われます。

「お忙しいところすみません」の使い方

「お忙しいところすみません」の使い方を紹介します。

頼みごとをするとき

「お忙しいところすみません」を使うのは、相手に頼みごとや依頼をする場面が最も一般的です。そのほか、相手に手間のかかる仕事をしてもらうときや目上の方に話を聞いてもらいたいときなどに、「お忙しいところすみません」と一言断ってから話を切り出すこともよくあります。

メールや電話の締めの文章

「お忙しいところすみません」は、クッション言葉としても活躍します。依頼や頼みごとをした後に、ただ「よろしくお願いします」と言うのと「お忙しいところすみませんが、よろしくお願いします」と言うのとでは印象が大きく異なります。

顔を直接合わせないでやりとりする電話やメールで頼みごとをする場合には、相手に失礼にならないよう、「申し訳ない」と言う気持ちをしっかりと伝えることが大切です。

頼みごとを聞いてもらった後

「忙しいのに依頼を引き受けてくれてありがとう」という意味を込めて、「お忙しいところすみませんでした」「お忙しい中ありがとうございました」という使い方をすることもあります。

「お忙しいところすみません」を使うときの注意点

「お忙しいところすみません」は便利な言葉ですが、使い方によっては相手に失礼だと受け取られかねない場合もあります。

ここでは、「お忙しいところすみません」を使うときの注意点を紹介します。

全く忙しくない相手には嫌味に聞こえる場合もある

どう見ても明らかに暇そうにしている相手に「お忙しいところすみません」と言ってしまうと、嫌味だと受け取られてしまう可能性があります。

相手が全く忙しそうに見えない相手には、「ちょっとよろしいでしょうか」と率直に声をかけるのが良いでしょう。

明らかに忙しそうな相手に対して頼む場合

明らかにとても忙しそうな相手に何かを頼む場合、「お忙しいところすみません」と声をかけるのは間違いではありませんが、その後にすごく時間のかかる頼みごとをしてしまうと「自分が忙しいことがわかっているのになぜ時間のかかる仕事を頼むのか」と不機嫌にさせてしまうかもしれません。

「お忙しいところすみません」を使う場合には、あまりにも時間のかかる依頼をするのは避けたほうが無難です。

多用しすぎない

事あるごとに「お忙しいところすみません」と言っていると、逆に相手に気を遣わせてしまう場合があります。「こちらのご機嫌を伺っているのか」とまるで相手にびくびくしているようにも受け止められてしまうこともあるので、言い過ぎには気をつけましょう。

「お忙しいところすみません」の例文【ビジネス・メール・電話】

「お忙しいところすみません」の例文を場面ごとに分けて紹介します。

「お忙しいところすみません」の例文【ビジネス編】

・お忙しいところすみません、納期についていくつか質問があります。
・お忙しいところすみませんが、いくつか連絡事項があるので会議室に来ていただけないでしょうか。

上記の例文はお願いごとをするときに使うことができます。

「お忙しいところすみません」の例文【メール編】

・お忙しいところすみません、何卒よろしくお願いいたします。
・先日はお忙しいところすみませんでした。また、丁寧な対応をしていただきありがとうございます。

メールで「お忙しいところすみません」を使用するときは、メールの文末か文頭で使用することが多くなります。お願いをする内容のメールや、お願いを聞いてもらった後のメールで特に活躍します。

「お忙しいところすみません」の例文【電話編】

・お忙しいところすみません、◯◯株式会社の◯◯と申します。佐藤様はいらっしゃいますでしょうか。
・お忙しいところすみませんでした、また掛け直します。失礼いたします。

電話で「お忙しいところすみません」を使うのは、電話が繋がった直後の挨拶のときと電話を切る直前の締めの場面がほとんどです。電話の場合、相手が忙しいかどうかにかかわらず初めの挨拶で「お忙しいところすみません」と付け加えておくのがマナーです。

「お忙しいところすみません」の例文【手紙編】

・お忙しいところすみません。急で大変申し訳ないのですが、アンケートのご連絡です。
・お忙しいところすみません。この度は折り入ってご相談があり、手紙を送らせていただきました。

手紙で何か頼みごとをするときは、文頭に「お忙しいところすみません」と書いて挨拶の代わりにすることができます。

「お忙しいところすみません」への返事の仕方

「お忙しいところすみません」と言われた時の返事の仕方を紹介します。

「お忙しいところすみません」と電話で言われた場合

私、◯◯会社の◯◯と申します。お忙しいところすみません。

上記の例文のような電話がかかってきた場合、返事をする時には次のような返事の仕方があります。
 
・とんでもありません、お気遣いありがとうございます。それで、ご用件は何でしょうか。
・こちらこそ、わざわざご連絡をいただきありがとうございます。

大切なのは、実際に忙しいかどうかにかかわらず「気遣ってくれてありがとうございます」「今は忙しくないので大丈夫ですよ」という気持ちを相手に伝えることです。電話では相手に申し訳ない思いをさせないような返事をするのがベストです。

会社で部下から言われた場合

課長、お忙しいところすみません。次のプレゼンについてご相談があるのですが…。

このように部下から言われた場合、次のような返事が考えられます。
 
・構わないよ。どんなことかな。
・申し訳ないけど、今少し忙しいんだ。この仕事が終わったら、話を聞くよ。

実際に忙しい時に無理に了承の返事をする必要はありませんが、つっけんどんな返事だと部下がさらに申し訳ない気持ちになってしまうこともあります。忙しい時には、あとで話を聞くことを約束するか、別の人に相談するよう促すのが良いでしょう。

頼みごとを引き受けた後に言われた場合

この度は、お忙しいところ仕事を依頼してしまいすみませんでした。

頼まれた仕事をやり終えた後に上記のような気遣いの言葉を受けた場合、次のように返事をすることができます。
 
・いえ、こちらこそ一緒に仕事をさせていただきありがとうございました。
・また機会がありましたらその時はどうぞよろしくお願いいたします。

自分は気にしていないということと、今後もいい関係を続けていこうということを示すのが大切です。

「お忙しいところすみません」の類語・言い換え表現

「お忙しいところすみません」の類語・言い換え表現を紹介します。

お忙しいところお手数をおかけします

・お忙しいところお手数をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。
・お忙しいところお手数をおかけしました。失礼いたします。

「お手数をおかけする」とは「手間をかけさせる」という意味です。話を切り出すときというより、依頼の内容を話し終えたときや依頼し終わった後の気遣いの言葉としての使い方ができます。

Thumb「お手数おかけします」の意味や使い方を返答の仕方・例文まで徹底解説
「お手数おかけします」と言うビジネス敬語があります。どのような意味を持っていて、いつ使うべき...

お忙しいところ失礼します

・お忙しいところ失礼します。社長があちらでお呼びです。
・お忙しいところ失礼します。◯◯会社の◯◯と申しますが、◯◯課長はいらっしゃるでしょうか。

話を切り出す前の前置きとしての使い方ができます。「お忙しいところ申し訳ありませんが」という言葉も似たような使い方ができます。

ご多忙のところ恐れ入ります

・ご多忙のところ恐れ入ります。折り入ってご相談があるので、お時間をいただけないでしょうか。
・ご多忙のこととは思いますが、何卒よろしくお願いいたします。

ビジネスシーンでも特にかしこまった言い方をしたい時に使えるのが「ご多忙のところ」という言葉です。「ご多用のところ恐れ入ります」も同じ意味があります。ビジネスの場面で丁寧な言い方をしたい時に役立ちます。

Thumb「ご多忙」の正しい使い方や意味!例文で「ご多用」との違いや使い分けを解説
よくビジネスメールの挨拶などで使われる「ご多忙」という言葉、みなさんは正しい意味や使い方をご...

相手を気遣う言葉を使いこなそう

「お忙しいところすみません」は、相手との無用な摩擦を避けるために大いに役立つ言葉です。何か頼みごとをする時には、「お忙しいところすみませんが」と一言加えるだけで相手に与える印象を和らげることができます。

また、依頼を引き受けてもらったら、「お忙しい中ありがとうございました」とお礼をいうことも忘れないようにしましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
sibu8

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ