「ご指導ご鞭撻」の意味とは?ビジネスや目上の人への使い方を例文で解説

「ご指導」と「ご鞭撻」の意味について言及していきます。ビジネスでの使い方や「ご指導」と「ご鞭撻」を例文を交えて紹介していきます。目上の方や取引先に対してお礼の手紙として使うことが多いと言われています。類語も織り交ぜた表現の紹介もしていきます。

「ご指導ご鞭撻」の意味とは?ビジネスや目上の人への使い方を例文で解説のイメージ

目次

  1. 1「ご指導ご鞭撻」の読み方や意味とは?
  2. 2「ご指導ご鞭撻」の使い方
  3. 3「ご指導ご鞭撻」の例文
  4. 4「ご指導ご鞭撻」の類語表現
  5. 5類語と言い換え表現リスト
  6. 6「ご指導ご鞭撻」をビジネスや目上の人に使うコツ
  7. 7ビジネススキルが上がる敬語表現の一つ

「ご指導ご鞭撻」の読み方や意味とは?

「ご指導」「ご鞭撻」とは、よくビジネスの世界で上司や目上の方とのやりとり、手紙・メール、体育会の監督とプレイヤーの間、お礼をいう場面で聞いたことのある言葉ではないでしょうか。今回はこの「ご指導」「ご鞭撻」の使い方や意味について紹介をしていきます。

「ご指導」「ご鞭撻」の読み方

「ご指導」は「ごしどう」と読み、「ご鞭撻」は「ごべんたつ」と読みます。「ご指導」は聞いたことのある言葉であるかと思いますが、「ご鞭撻」はここで初めて知ったという方も少なくないのではないでしょうか。次に、それぞれの意味について説明していきます。

「ご指導」「ご鞭撻」の意味

「ご指導」「ご鞭撻」の意味をここでは説明していきます。ご指導ご鞭撻の「ご」は接頭辞であり、「指導」と「鞭撻」の敬語表現を表しています。

そもそもの「指導」の意味は、何かの目的に向かって、生徒や部下などを教え導くことです。また、「鞭撻」は強い励ましを込めて、厳しく指導していくことを意味しています。同じような意味としての言葉です。

つまり「ご指導ご鞭撻」とは、相手に対して謙虚な姿勢を持って、指導や教育をおこなう表現として使われています。

「ご指導ご鞭撻」の使い方

「ご指導ご鞭撻」の正しい使い方をここで紹介していきます。社会人になるとお礼をいう場面や手紙などを通して使う機会も増えてくる言葉です。しっかり覚えておきましょう。

挨拶として使う場合

前述したように、「ご指導ご鞭撻」の意味には、指導や教育を請う意味がありますが、今後の付き合いを依頼するようなビジネス上の挨拶の意味も含まれています。「今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。」のように、具体的に何か指導してほしいという意味ではなく、「今後ともお世話になります。よろしくお願い申し上げます。」のような意味になります。
 

相手に指導を求める場合

「ご指導ご鞭撻」の世間に認知されている広い意味は、上司や目上の人に指導や教育を請うことです。直属の部下になった際や、これからご指導をお願いする環境下に置かれた時に、直接はもちろんのこと手紙やメールで相手に伝えることがビジネスの世界では多いです。

「ご指導ご鞭撻」の例文

「ご指導ご鞭撻」の例文を紹介していきます。上記の通り、意味や使い方は2通りあるので両方とも説明していきます。ここでしっかりと覚えて、上司や目上の方とのコミュニケーションをスムーズに図れるようにしていきましょう。

場面ごとの例文

「ご指導ご鞭撻」を場面ごとに分けて例文を紹介していきます。

【入社した時の挨拶】

入社時の印象はその先の会社での上司との付き合い方につながります。
丁寧な言葉遣いを心がけましょう。

【例文】
「本日より、正式に配属になりました〇〇と申します。至らない点も多々あるかと思いますが、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。」

【結婚式の最後の新郎スピーチ】

ご指導ご鞭撻~という表現は結婚式や成人式のような今後の誓いを述べる際によく用いられます。

【例文】
「本日はこのように祝福をしていただきありがとうございました。まだまだ未熟者ですが、今後もご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。」

【目上の方への年賀状】

目上の人や上司への気遣いは非常に大切です。
1年間の感謝と今後の発展と活躍を伝える文章になります。

【例文】
「昨年は大変お世話になりました。本年もご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。」

【お礼の言葉】

【例文】
「これまで大変お世話になりました。ご指導ご鞭撻ありがとうございました。」

このように適切に使う場面がありますので、今の若い人は聞きなれない言葉かもしれませんが、使えるようにしておきましょう。

Thumb「ご指摘ありがとうございます」の意味やビジネスでの使い方を例文で解説
「ご指摘ありがとうございます」を正しく使っていますか?「ご指摘」という言葉は「指摘」を丁寧に...

対象ごとの例文

基本的に「ご指導ご鞭撻」とは、目上の方やお取引先の方に使う言葉です。ここでは対象ごとに例文を紹介していきます。

【目上の方や上司】

自分は謙遜して相手は立てつつ、今後も良好な関係を築いていきたいという意思を表明しましょう。
【例文】
「私はまだまだ非才で未熟者です。今後ともより一層のご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします」

【取引先】

取引先に対して、今後も良い取引が続くように細かい気遣いを心がけましょう。

【例文】
「この度はご不便ご迷惑をおかけしまして誠に申し訳ございませんでした。ご丁寧なご指導ご鞭撻のお言葉をいただけたことで、社員一同、身の引き締まる思いでございます。今後は、このような不手際が起こらぬように確認体制を強化して参りますので、引き続き何卒よろしくお願いいたします」

【お客様】

お客様に対しては、相手が気持ちよく買い物等できるように一つ一つの言葉遣いは大切です。

【例文】
「この度は貴重なご意見を賜り誠にありがとうございます。今後も弊社への変わらぬご愛顧とご指導ご鞭撻をいただけますこと、よろしくお願い申し上げます」

これらの例文のように、手紙やメールで使うケースも多いのですが、挨拶としてだけではなく、謝罪の意を込める際にも「ご指導ご鞭撻」という言葉は使う機会があります。

Thumb「ご指導いただき」の意味!ビジネス敬語を目上の人に使えてる?【例文】
ビジネスでの会話やメールで、上司に「ご指導いただきありがとうございました」とよく言います。し...

「ご指導ご鞭撻」の類語表現

「ご指導ご鞭撻」の類語表現を例文を交えて紹介していきます。上司や目上の方、取引先に使う言葉として、「少し堅苦しいかも」と思う時があるかもしれません。そんな時のために引き出しを多く持っているといいでしょう。他にどのような表現方法があるのでしょうか。

類語表現・言い換え

「ご指導ください」「ご指南ください」

自分自身や自身の身内の中で、自分より下の者に何かお願いしたい時に、使うのに適した言葉です。「今後とも引き続きご指導ください」「ご指南いただけますと幸いです」といったように使い方は、「ご指導ご鞭撻」と同じように使います。

「激励のお言葉」「励ましのお言葉」

「ご多忙にも関わらず親切な手紙をお送りいただき誠にありがとうございます。力強い激励のお言葉に接し、より一層の努力をしていこうと胸に誓いました。」

このように、上司や取引先の方に言われた助言に対して感謝の意を込めたお礼の類語表現です。「励ましの言葉」と言い換えることもできます。

「お導きのほど」

「ご指導ください」「ご指南ください」とは違い、少しフォーマルな場面を出したい時に使う表現です。

「ぜひお導きのほどよろしくお願い申し上げます。」というと、まだまだ至らない点が多いのであなたの力でご指導をお願いしたいという願いをこめている言葉になります。

目上の方や取引先に対して自分自身に謙虚な思いがあることを同時に伝えることができる類語です。

Thumb「教えていただけますでしょうか」の意味やビジネスメール等での使い方
「教えていただけますでしょうか」を会話やビジネスメールで使える人は、周りの人から色んなことを...

類語と言い換え表現リスト

「ご指導ご鞭撻」の類語と言い換えの表現をリストアップしています。やはり、「ご指導ご鞭撻」とは、状況に応じて堅苦しく受け取られてしまうケースも少なくありません。以下の類語表現や言い換えを上手く使っていくと、目上の方や取引先にもより好印象を与えることができるでしょう。

【類語】
御教授、教授、お教えいただく、示教、師事する、手本とする

【言い換え】
ご指導ください、ご指南ください、激励の言葉、ご愛顧と助言、お叱りと激励、ご声援をいただきたく、ご指導ご鞭撻賜りますよう、ご指導のほどよろしくお願いします

Thumb「ご指摘」の意味や類語を例文で解説!正しいビジネス敬語の使い方とは
「ご指摘」という言葉、メールなど様々なビジネスシーンで見かけます。実際に使われている方も多い...

「ご指導ご鞭撻」をビジネスや目上の人に使うコツ

「ご指導ご鞭撻」とは、目上の方や上司、取引先に使う敬語表現です。これまで意味や使い方、例文や類語と様々紹介していきましたが、使い方のコツをここでは説明していきます。

この使い方は間違い

「ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます」とは、自分自身や自分の身内に対して「指導をお願いします」という意味を成しているので、自分より年下や立場が下の人に使うのはふさわしくありません。

よく、結婚式のスピーチで若い夫婦二人から来場された上司や友達などに向けて「今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします」と言います。しかし、自分の身内であっても目上の人に「ご指導ご鞭撻」と使ってはいけない場面があるのです。

それは、例えば、父の還暦祝いにおいて「今後とも父が迷惑をかけるかと思いますが、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。」というのは誤りです。この場合は、「今後とも父が迷惑をかけるかと思いますが、皆様に支えていただければと思います」という柔らかい言い方にしていきましょう。

「ご指導ご鞭撻」をよく使う場面とは

上記では、使ってはいけない場面を紹介していきました。それでは実際に使うのがふさわしい場面はどのようなときなのでしょうか。何かお礼の挨拶を目上の方にするとき、結婚式のスピーチ、手紙やビジネスメールでの締めの言葉に使うことが多いでしょう。

特にビジネスの場面ですと「今後も変わらないお付き合いをよろしくお願いいたします」という意を込めているため、有効に使えるフレーズとも言えます。お礼の気持ちと「ご指導ご鞭撻」という表現をセットで使えるといい関係性が構築できるのではないでしょうか。

ビジネススキルが上がる敬語表現の一つ

これまで「ご指導ご鞭撻」の意味や使い方などを例文を交えて紹介してきました。上司や目上の方にお礼の際に使い、手紙や言葉で伝える、日本の代表的な敬語です。つまり、「ご指導ご鞭撻」を上手く使えるようになれば、上司や目上の方にも一歩進んだコミュニケーションを図ることが出来ます。

お礼の際に「ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。」と言えるだけで、丁寧でしっかりとした社会人だという印象を相手に与えることができます。ビジネススキルを向上させられるだけではなく、上司や取引先、目上の方といい関係性を構築できる表現方法のひとつです。

「ご指導ご鞭撻」を上手く使えるようになり、ビジネススキルをアップさせましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
Yu-ji
よろしくお願いします

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ