「ご隆盛」の意味とは!病院/個人/会社宛ては正しい使い方?

「ご隆盛」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?ちょっとなじみのない言葉ですが、手紙の挨拶文やスピーチなどで「ご隆盛をお祈り申し上げます。」のような使い方をします。今回は、「ご隆盛」の正しい意味と使い方、例文などを解説しますので、参考にしてください。

「ご隆盛」の意味とは!病院/個人/会社宛ては正しい使い方?のイメージ

目次

  1. 1「ご隆盛」の意味や読み方とは?
  2. 2「ご隆盛」の正しい使い方や使い分け
  3. 3「ご隆盛」の例文
  4. 4「ご隆盛」は病院/個人/会社宛でもOK?
  5. 5「ご隆盛」をビジネス文書で使う
  6. 6「ご隆盛」は組織に対して使う

「ご隆盛」の意味や読み方とは?

「ご隆盛」は「ごりゅうせい」と読みます。「隆盛」に「ご」を付けて、丁寧語にした敬語表現です。

「隆盛」は、「勢いが盛んなこと」や「大いに栄えること」を表しますので、「ご隆盛」は、これを丁寧に表現したものといえます。

基本的には、会社や団体などの組織に対して、今後の繁栄や発展を祈る際に使う言葉で、個人向けにはあまり使いません。

「ご隆盛」の正しい使い方や使い分け

「ご隆盛」を使う際、まず気をつけたいのは、「ご隆盛」は組織の繁栄や発展を祝い、祈念するということです。

どちらかといえば、経済的な繁栄を祝う言葉ですので、個人の健やかさや幸せを祝い、祈念する言葉としては、「ご隆盛」はあまり適当な表現ではありません。

また、後述するように、病院や葬儀社などに対して使うのも適当な言葉ではありません。個人向けなどには別の表現がありますので、使い分けに気をつけましょう。

「ご隆盛」は、ビジネスシーンの定型的な挨拶文や時候の挨拶として使われますので、言い換え表現も多様です。微妙なニュアンスの違いもありますので、注意して使い分けましょう。

手紙や挨拶の定型文として使う

「ご隆盛」は、どちらかといえば、形式的で、かたい言葉です。日常の会話などで使うことは、まずありません。

最も一般的な使い方は、手紙やメールの書き出しで、「拝啓」の後の決まり文句として使います。少し改まった表現になりますので、目上の人や大事な取引先への挨拶文などに使うのに適しています。

ビジネス関係のスピーチで挨拶に立つ場合などに使っても問題ありません。定型的な言い回しとして、自然に表現できるようにしておきましょう。

ビジネスメールで使っても良いですが、親しい間では、やや堅苦しくなりますので、気をつけましょう。

「ご隆盛」の言い換え表現

「ご隆盛」と、ほとんど同じ意味で使える敬語表現に、「ご隆昌(ごりゅうしょう)」や「ご盛栄」、「ご発展」などがあります。

「ご隆盛」と「ご隆昌」は、ほとんど使い方に違いはありません。社交的なお礼状、挨拶状、案内状などに、うまく使い分けましょう。

「ご盛栄」や「ご発展」は、「ご隆盛」や「ご隆昌」に比べると、やや口語的で、あまり形式張りたくないときは使いやすい敬語表現です。

<ご隆盛の類語>
 

  読み方
ご隆昌 ごりゅうしょう
ご盛栄 ごせいえい
ご発展 ごはってん

Thumb「ご多幸」の意味や使い方!ご健勝/ご活躍/ご繁栄/ご発展との違い
「ご多幸」という言葉には、普段あまり馴染みがないかもしれません。この言葉はきちんと使い方を覚...

「ご隆昌」の意味と使い方

「隆」も「昌」も「さかん、栄える」という意味ですので、「ご隆昌」は、「非常に栄える」という意味の敬語表現になります。

基本的に、「ご隆盛」と使い方に違いはありません。

<例文>
 

・貴社ますますご隆昌のことと、お慶び申し上げます。

「ご盛栄」の意味と使い方

「ご盛栄」は「ビジネスが盛ん、栄える」という意味です。商売繁盛というニュアンスが強いですので、ビジネスの取引先などへの挨拶文や時候の挨拶などに使う敬語表現になります。

<例文>
 

貴社におかれまして、ますますご盛栄の由、心からお慶び申し上げます。

「ご発展」の意味と使い方

「ご発展」は「商売などが広がり、栄える」という意味で、幅広い使い方ができる表現です。

「ご発展」も、「ご隆盛」や「ご隆昌」、「ご盛栄」などとともに、ビジネスシーンの挨拶文でよく使われる敬語表現です。気をつけたいのは、「ご発展」はどちらかといえば、手紙やメールの結びの言葉として使われることが多いことです。

<例文>
 

末筆ながら、貴社のますますのご発展をお祈りしております。

個人宛使う場合

「ご隆盛」は、基本的に会社や団体などの組織の繁栄を祈る場合に使い、個人宛てには、まず使うことはありません。

個人の健康や幸せを祈念して、表現したい場合は、「ご健勝」、「ご清祥」などの敬語表現を使います。組織宛に使う場合と、個人宛に使う場合の違いと使い分けに気をつけましょう。

なお、「ご清栄」は、繁栄と健康を祝う言葉で、会社や団体などの組織宛てにも、健康や幸せを願う個人宛てにも使える便利な言葉です。覚えておくと、色んな場面で応用がききます。

「ご健勝」の意味と使い方

「ご健勝」は、「健康で、元気なこと」の意味です。

基本的には何処にも属さない個人に使います。社交辞令として、個人の健康を祝い、祈念する場面であれば、いつでも、どこでも使える敬語表現です。

手紙やメール、スピーチの冒頭挨拶と結びの言葉の両方で使えます。

<例文>
 

・春暖の頃、皆様方におかれましては、ご健勝のことと、お慶び申し上げます。

・末筆ながら、皆様のご健勝をお祈り申し上げます。

「ご清祥」の意味と使い方

「ご清祥」は、「清くあることを喜ぶ」と言う意味で、相手が幸福であることを祝い、祈念する敬語表現です。

「ご健勝」と同様に、何処にも属さない個人宛の手紙やメールの挨拶文、時候の挨拶などに使います。結びの言葉として使っても問題ありません。

<例文>
 

・新緑の頃、○○さんにおかれましては、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

・皆様のご清祥とご多幸をお祈りしております。

Thumb「ご清祥」の意味や使い方とは!例文でご清栄/ご健勝との違いを解説!
「ご清祥」は、挨拶状、案内状、招待状、添え状など対外的なビジネス文書や目上の方への文書でよく...

「ご清栄」の意味と使い方

「ご清栄」は、「清く栄える」という意味ですが、「ご盛栄」と同じ読み方になりますので、ワープロの変換間違いに気をつけましょう。

「ご清栄」は個人の健康を祝い、祈念する場合にも、組織に対しても使えます。手紙やメールの冒頭挨拶や時候の挨拶に使えます。

<例文>
 

・貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

・寒さ厳しき折、貴殿におかれては、ご清栄のことと拝察いたします。

Thumb「ご清栄」の意味とは!ビジネスでの個人や会社への使い方や使い分けを解説
ビジネス文書や手紙で「ご清栄のこととお慶び申し上げます」という言葉を見かけたことがある人は多...

「ご隆盛」の例文

「ご隆盛」は組織の繁栄を祝い、祈念する言葉ですので、取引先への挨拶状などの決まり言葉として使います。以下に例文で文例を見てみましょう。

<例文>
 

・拝啓 春暖の頃、貴社におかれましては、ますます「ご隆盛」のことと拝察いたします。

・謹啓 新緑の頃、貴店におかれては、一段と「ご隆盛の由」、謹んでお慶び申し上げます。日頃は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

・本日は、このような席にお招きいただき、ありがとうございます。貴社ますます「ご隆盛の段」、心よりお祝い申し上げます。

・拝啓 ご家族のますますの「ご隆盛」、衷心よりお慶び申し上げます。

「ご隆盛」は病院/個人/会社宛でもOK?

「ご隆盛」は繁栄を祈念したり、祝ったりする言葉であると同時に、商売繁盛という意味合いがあります。会社の商売繁盛を祝うのは何の問題もありませんが、個人や病院の場合は注意が必要です。

個人の場合は、どちらかといえば、健康を祈念したり、祝ったりするのが一般的ですので、「ご隆盛」は、使えないことはありませんが、あまり適当な言葉ではありません。個人の場合は、「ご健勝」や「ご清祥」が適当な表現です。使い分けに気をつけましょう。

病院は病気やケガの人が利用するものですので、それが栄えるというのは、病気やケガがめでたいことのように、受け取られかねません。病院もビジネスの一つだという考え方もなくはありませんが、あまり、表だって商売繁盛を表現するのは、好ましくありません。

また、病院と同様に、あまりめでたくない葬儀などに関わる場合も、「ご隆盛」の表現は避けた方が無難です。

「ご隆盛」をビジネス文書で使う

「ご隆盛」をビジネスで使う際、気をつけたいのは、対象の違いです。相手が会社や団体などの組織なのか、それとも、組織に属する個人なのか、単なる個人宛なのかの違いに注意が必要です。

相手が会社や団体などの組織の場合は、問題なく「ご隆盛」を使います。また、ビジネスメールなどで、組織に属する個人宛てに冒頭挨拶文や時候の挨拶などを述べる場合にも、「ご隆盛」を使います。

一方で、消費者などの個人に対して、「ご隆盛」を使うのは適当ではありません。勿論、個人がビジネスの主体になっていることもありますが、あまり一般的ではないからです。個人宛てには「ご健勝」や「ご清祥」を使います。

「ご隆盛」は組織に対して使う

「ご隆盛」はビジネスシーンで、少し改まった挨拶文や時候の挨拶に使う定型的な表現として理解しましょう。

個人宛や、栄えることを、あまり表だって表現することが適当でない、病院や葬儀社などに対しては、「ご隆盛」という表現は避けるのが無難です。

個人宛には、「ご健勝」や「ご清祥」など、適当な表現がありますので、使い分けます。

「ご隆盛」には多くの類語表現もありますので、微妙な違いを理解して、適宜使い分けるとボキャブラリ豊かなビジネスマンとして、評価が高まります。

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
土居

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ