「ご検討」の意味や使い方!ご確認との違いやメール・ビジネスでの例文

「ご検討ください」、「ご検討のほどお願いします」というフレーズを見たり聞いたりしたことはありませんか?「ご確認ください」、「ご確認の程お願いします」というフレーズもあります。これらはどのような場面でどのように使うのでしょう。正しい敬語の使い方を学びましょう。

「ご検討」の意味や使い方!ご確認との違いやメール・ビジネスでの例文のイメージ

目次

  1. 1「ご検討」の意味とは
  2. 2「ご検討」の使い方【基本】
  3. 3「ご検討」と「ご確認」の違い
  4. 4「ご検討」の例文【ビジネス・メール】
  5. 5「ご検討」と「ご確認」の違い・使い分け
  6. 6「ご検討」の類語・言い換え表現
  7. 7そもそも敬語とは?
  8. 8洗練された敬語表現を使いましょう

「ご検討」の意味とは

「ご検討」とは? 「物事を詳しく調べ考えること」の尊敬語

「ご検討」という言葉は、「よいかどうかを調べ考えること」の名詞「検討」に、尊敬の意を表す接頭語「ご」がついた敬語です。「詳しく調べ考える」という行為を敬った表現になります。

「ご検討ください」は、「調べてお考えください」と上司や目上の人に丁寧にお願いするという意味になります。「ご検討」の前後の言葉や文脈によって丁寧の度合いが異なるなど、ニュアンスが変化してきます。

「どうぞご検討ください」とか「ご検討をお願いします」などの言葉は、ビジネス上の会話やメールでも頻繁に用いられています。「ご検討~」が、ビジネスのどのような場面やどのような状況のもとで使われるのかを学ぶことはとても大切です。

「ご検討」の使い方【基本】

「ご検討」は「ご検討お願いします」あるいは「ご検討の程お願いいたします」などのように、上司や目上の人に対して、調べて考えて欲しい場合、あるいは、よいかどうかの判断を仰ぐ場合などに丁寧な敬語表現として使われます。

上司や目上の人に対し、メールで、考えて欲しい内容や判断を仰ぐための要件を述べた後に、締めの言葉として「よろしくご検討ください」と使う事もできます。

「ご検討~」は便利な敬語表現ですので、上司や目上の人ばかりでなく、取引先などにも使うことができます。「ご検討よろしくお願いします」、「前向きにご検討ください」、「ご検討のほどよろしくお願いいたします」などいろいろな形があり使い方もさまざまです。

「ご検討」の丁寧な表現

「どうぞご検討ください」、「ご検討の程お願いいたします」、「ご検討お願いします」など「ご検討」の前後の言葉によって丁寧さが異なってきます。

最近の社内でのやり取りでは、仰々しい儀礼的敬語表現よりも礼を失しない実務的は敬語の使い方が推奨されています。状況に応じた敬語表現を上手に使いましょう。

Thumb「ご検討のほど/よろしくお願いいたします」の意味や丁寧な敬語の使い方
ビジネスでよく「ご検討のほどよろしくお願いいたします」という表現をメールや手紙で見ます。「ご...

丁寧な敬語表現

・「どうぞご検討ください」は、検討の余地がありますのでお考えくださいという丁寧な依頼の意味です。「ください」は「くださる」の命令形で本来の「くださいまし(ませ)」の「まし(ませ)」が省略されたものです。「どうぞ」は丁寧な依頼を強調する副詞です。

・「ご検討のほど(程)お願いいたします」は、「ほど(程)」という曖昧で幅を持たせた表現になっています。直接的な言い方「ご検討お願いします」よりは、幾分和らいだ表現となり丁寧な響きを持ちます。「ほど」に漢字を使うのは年配の方が多いようです。

・「ご検討お願いします」は最低限の敬語で趣旨を伝えています。検討の余地がありますのでお考えくださいという意味の「ご検討」を上手に使った実務的な敬語表現です。「ご検討をお願いいたします」はより丁寧な表現です。

なお、ビジネス文書などでは「ご検討をお願い申し上げます」などの格式の高い儀礼的な表現が好まれています。

Thumb「ご検討ください」の意味!ビジネスや手紙での使い方や失礼のない例文
「ご検討ください」の意味や使い方に精通することができれば、目上の人に対して「検討」してもらえ...

「ご検討」の上手な使い方

「ご検討お願いします」は、簡単に「検討の余地がありますのでお考えください」という意味になります。「敬語」を複雑に考えずに単純化して理解することも大切です。

取引先への新製品の売り込みになどに「ご検討」を使うことができます。
【例文】「新製品の性能評価表を添付いたします。ご検討のうえ、ぜひともご用命を賜りたくお願い申し上げます。

「ご検討~」には場面や状況に応じた種々の使い方があります。「検討の余地がありますのでお考えください」という意味の「ご検討お願いします」を上手に使うなど、洗練された敬語表現を学びましょう。

なお、同僚や部下に対して、通常は「ご検討ください」とは使いませんので注意しましょう。

「ご検討」と「ご確認」の違い

ご検討  物事を調べ、よいかどうかを考えること
ご確認 物事の内容や行為を確かめること

「ご検討ください」とは、上司や目上の人、あるいは取引先に対して、当方の意見や考え方を示し意見を聞いたり判断を仰いだりすることを言います。
 
一方、「ご確認ください」とは、上司や目上の人、あるいは取引先に対して、当方の意見や考え方を示し、どちらかというと特段の意見がないことを確かめることを意味しています。

「ご検討~」も「ご確認~」も、前後の言葉によって微妙に意味合いが異なってきます。「ご検討」の方が「ご確認」よりも、相手の「考える」という行為を強調した表現になります。
 
「ご確認」の方は、「ご一読」のように「単に目を通すだけ」のニュアンスで、お願いするときによく使われます。「ご検討」、「ご確認」のどちらも、前後の言葉や文脈によって意味合いがが異なってくるので注意しましょう。

「ご検討」の例文【ビジネス・メール】

「検討の余地があるので考えてください」という意味の「ご検討~」というフレーズは、使い方によってはとても便利な敬語です。相手に対し、お願いをしたり、判断を仰いだり、あるいはメールの締めの言葉などに使うことができるのです。
 
また、ビジネス上の会話などで取引先に対し「それでは〇〇プロジェクトの件、ご検討のほどよろしくお願いします」と会議の締めの挨拶などにも使うことができます。
 
「検討の余地があるので考えてください」という意味で使われる「ご検討」の上手な使い方を学び、多様な敬語表現を身につけましょう。

「ご検討」の例文【ビジネスの基本】

基本的にビジネスで、検討の余地があるので考えてくださいという意味で用いられる「ご検討」を使うのは、相手方(上司や目上の人あるいは取引先)に対して、提案をしたり、物事を分析・評価した結果について意見を求めたりするときです。
 
【例文】部内会議などでの口頭による提案(担当者→部長、課長) 

先日、ご指示をいただきました次年度事業見通しにつきましては、次年度事業計画(案)としてお手元資料の通り作成しましたのでご検討お願いいたします。

【例文】上司に直接資料を提示する場合(担当者→部長、課長) 
〇〇商品動向分析結果(素案)を作成しました。ご検討ください。加筆・修正がございましたらご指示ください。至急、訂正の上お届けします。

このように社内でのビジネス上の会話では、仰々しい敬語はなるべく控え、丁寧でシンプルに提案内容の善し悪しの判断を仰ぐように心がけましょう。

【例文】取引先に対する見積書の提出(担当者→取引先)
先日ご依頼のありました当社製品〇〇の見積書を同封いたします。ご検討のほどよろしくお願いいたします。
 
このようにビジネス上の依頼に基づき提出する見積書、製品パンフレットの送付のときに、製品宣伝の締め言葉として使う事ができます。

「ご検討」の例文【メール編】

ビジネスメールで、検討の余地があるので考えてくださいという意味で用いられる「ご検討」を使うのは、上司や目上の人、あるいは取引先などです。また、不特定多数の顧客に対する「宣伝・案内」などにも使われます。

次にビジネスメールでの「ご検討」の事例を紹介します。

取引先への例文

取引先へのビジネスメールは社内メールと違い丁寧な敬語表現が求められます。「ご検討」の後に続く洗練された丁寧な敬語表現を用いましょう。

・資料を送付し返信を催促
【例文】担当者→取引先

ご依頼の〇〇評価資料を別添ファイルの通り作成しましたのでお届します。たいへん恐縮ですが、ご検討のうえご返信くださいますようお願い申し上げます。

・日程調整の依頼
【例文】担当者→取引先
弊社との合同検討会につきまして、来月3日(水)午後2時から、あるいは5日(金)午後3時からかのどちらかの日時で、弊社会議室(2階205号)にて開催したく考えております。ご検討のほどよろしくお願いいたします。

上司や目上の人への例文

上司や目上の人へのメールでの敬語は出来るだけシンプルで丁寧な表現となるように心がけましょう。

・取引先との面談日程
【例文】担当者→部長:上司

来月訪問予定の大阪〇〇会社との打ち合わせにつきましては、別添ファイルの日程表のとおり面談をアレンジする予定です。日程及び当部参加メンバーを含めご検討のほどお願いいたします。

・売買契約のドラフト作成
【例文】担当者→課長
本年度事業計画に基づくA社との〇〇製品売買契約書につきましては、別添ファイル「売買契約書素案」のように作成してみました。お忙しいところ恐縮ですがご検討の程お願いいたします。

契約書素案について、上司である課長に部下から検討を依頼するものです。作成した契約書の内容・形式などについて善し悪しを判断してもらう内容のメールです。 

「ご検討」と「ご確認」の違い・使い分け

      例   文       意   図
事業計画(案)をお届けします。ご検討ください 内容などの是非の「判断」を仰ぐ
事業計画(案)をお届けします。ご確認ください 内容などの「確認」を依頼

このように上司に対し「ご検討ください」は事業計画書の内容の善し悪しの判断を仰いでいます。一方、「ご確認ください」は完成度が高い計画(案)に目を通して確かめてくださいと依頼していますので意味合いは異なります。

「ご検討」の類語・言い換え表現

「ご検討」の類語には「ご一考」、「ご思案」、「ご考慮」、「ご査収」などがあります。それぞれ、使い方や前後の文脈によって、「考えてください」の強度やニュアンスが多少違ってきます。
 
もちろん「ご検討」の類語として、「ご一考」、「ご思案」、「ご考慮」、「ご査収」で言い換えが可能な場合もあります。次に類語の意味と使い方について紹介します。

ご一考

 「ご一考」は、一度考えてくださいの意味です。取引先に対し、新規プロジェクトを提案するときの例文です。

【例文】担当者→取引先
新規プロジェクトの件ですが、何卒、ご一考いただきたくお願い申し上げます。

「ご一考」を「ご検討」で置き換えると、「新規プロジェクトの件ですが、何卒、ご検討いただきたくお願い申し上げます」となります。
 
検討の余地があるので考えてくださいという意味で使われる「ご検討」を「ご一考」に置き換えても意味は大きくは変わりません。但し、ご一考の方が「何とか考えてください」という意味合いが強く出る表現です。

「ご一考ください」、「ご一考お願いいたします」、「ご一考のほどよろしくお願いいたします」、「ご一考の上、何卒よろしくお願いいたします」など、「ご一考」を使って丁寧の度合いが違う表現や締めの言葉などにも使うことができます。

Thumb「ご一考」の意味や使い方・言いかえ表現を丁寧な例文で解説!
「ご一考」とは、その意味とは、「ご一考」はビジネス以外では殆ど使われることがありません。しか...

ご思案

「ご思案」とは、考えをめぐらす、考えてくださいの意味があります。作成した提案資料を加筆・訂正してくれたことに対して感謝の言葉を述べる「ご思案」の例文です。

【例文】担当者→上司や目上の人

先般提出の資料について、ご思案いただきありがとうございます

この「ご思案」を、検討の余地があるので考えてくださいという意味の「ご検討」に言い換えて「ご検討いただきありがとうございます」と表現できます。

「ご思案ください」、「ご思案お願いいたします」、「ご思案のほどよろしくお願いいたします」、「ご思案の上、何卒よろしくお願いいたします」など、「ご思案」を使った丁寧の度合いが違う表現があります。これらを締めの言葉などにも使うことができます。

ご考慮

「ご考慮」とは、判断、行動の前に、いろいろな要素を考え合わせることの意味があります。掲示や公示などの看板や案内書などに「ご考慮」が使われています。

【例文】公民館での公示(館内利用)

公民館学習室のご利用につきましては、準備・片付けの時間も利用時間に含まれますので、ご考慮の上 でご予約ください。

この「ご考慮」を検討の余地があるので考えてくださいという意味の「ご検討」に言い換えて「ご検討の上、ご予約ください」と表現できます。

「ご考慮ください」、「ご考慮お願いいたします」、「ご考慮のほどよろしくお願いいたします」、「ご考慮の上、何卒よろしくお願いいたします」など、「ご考慮」を使った丁寧の度合いが違う表現があります。これらを締めの言葉などにも使うことができます。

ご査収

「ご査収」とは、金品、書類などを調べて受け取ることを意味します。新製品サンプルを取引先に送った場合の例文です。

【例文】担当者→取引先

新製品サンプルを同封いたします。ご査収ください。

この「ご査収」を、検討の余地があるので考えてくださいという意味の「ご検討」に言い換えて「新製品サンプルを同封いたします。ご検討ください」とすると意味合いが異なってきます。

前後の文脈にもよりますが、「ご査収」は単なるお納めください、となりますが、「ご検討」は製品購入の推奨を暗示しています。言葉の使い分けに注意しましょう。

【例文】担当者→上司
大阪支社からA社との〇〇に関する契約書(素案)が届きました。転送いたしますのでご査収ください。

「ご査収ください」を丁寧な表現で「ご査収の程お願いいたします」と使う事も可能です。

「ご査収ください」、「ご査収お願いいたします」、「ご査収のほどよろしくお願いいたします」、「ご査収の上、何卒よろしくお願いいたします」など、「ご査収」を使った丁寧の度合いが違う表現があります。これらを締めの言葉などにも使うこともできます。

そもそも敬語とは?

「敬語」とは、聞き手や話題に上っている人物・事物に対する話し手の敬意を表す言語的表現を言います。敬語には、聞き手・話題に対して話し手の敬意を表現する「尊敬語」があります。

このほか、話し手がへりくだって表現する「謙譲語」、聞き手に対して話し手の敬意を直接に表現する「丁寧語」とがあります。
 

  敬う対象 敬意を表する者 敬語の種類と事例
聞き手、話題の人物、話題 話し手 尊敬語「お言葉、奥様」、「下さる」
謙譲語「申し上げる、賜る、いただく」
聞き手 話し手(直接) 丁寧語「です、ます、ございます」

洗練された敬語表現を使いましょう

「ご検討」や「ご確認」の敬語表現としての意味や使い方、違いなどは十分理解できましたか。正しい敬語表現を身に着けることはビジネスパースンの基本要件です。
 
「ご検討」や「ご確認」、その他の類語の後に続く言葉や前後の文脈から、その時点でのビジネス環境にマッチした敬語表現を使う事が大切です。
 
豊富な語彙や多彩な表現方法を学び一段上のビジネススキルを目指しましょう。

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
越前谷義博
総合コミュニケーション科学の研究会に参加しています。エンジニアなので文章を書くのはあまり得意ではありません。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ