「ご尽力いただき」の意味や使い方!ビジネスやメール例文やマナーを解説

「ご尽力いただき」という表現は、ビジネスの場でよく見かけたり耳にしたりしますが、意味をきかれたら答えられますか?例えば「お力添え」との違いは?誤った敬語の使い方はあなたの印象や評価にマイナスです。「ご尽力いただき」の意味や使い方をマスターしましょう。

「ご尽力いただき」の意味や使い方!ビジネスやメール例文やマナーを解説のイメージ

目次

  1. 1「ご尽力いただき」意味や読み方は?
  2. 2「ご尽力いただき」の使い方
  3. 3「ご尽力いただき」の例文
  4. 4「ご尽力いただき」の類語表現
  5. 5「ご尽力いただき」をビジネスやメールで使う
  6. 6「ご尽力いただき」を目上の人や上司に使うと失礼?
  7. 7類語は他にもあります

「ご尽力いただき」意味や読み方は?

まずは基本的なところから押さえましょう。

「尽力」の意味は

「尽力」(じんりょく)の意味・・・「力を尽くすこと」「努力すること」「骨を折ること」。

「尽」という字には「あるかぎりを出す」の意味がありますので、「尽力」は「できる範囲で精一杯の努力をする」という意味になります。

類語の「努力」と同じような意味ですが、決定的な違いがあります。
自分のために頑張るのが「努力」で、他人のために頑張るのが「尽力」です。
「人前で泣かないように努力する」はOKですが「人前で泣かないように尽力する」とはいいません。
これは基本中の基本ですから、失礼のないよう正しい意味を覚えましょう。

「尽力」の使い方と例文

自分について使う場合は、「ご」をつけない「尽力」とします。ちょっとの努力ではなく全力で頑張ります!とアピールするニュアンスになります。

例文としては「会社の信用回復に尽力します」ですとか「問題解決に尽力いたします」など、「これから頑張ります」という自分の意欲を相手に伝える場合に「尽力」を使います。
ビジネスメールでは「微力ながら尽力させていただく所存です」が、失礼のない言い回しとして定番化しています。

「たいしたことはできませんが」というニュアンスの、丁寧なクッション言葉と組み合わせて使用するケースが多いことが特徴といえます。「尽力」単独で使った場合、やや謙虚さに欠ける失礼な印象を与えてしまう可能性があります。
例文としては
・「微力ながら尽力いたします」
・「力不足ではありますが尽力いたします」

のように使います。

Thumb「尽力」の意味や使い方とは?尽力するの様な類語から読み・マナーも解説
「尽力する」とはどういう意味でしょう?「努力する」とは何が違うのでしょう?あなたはきちんと答...

「尽力」と「ご尽力」

「尽力」に接頭辞の「ご」をつけた「ご尽力」は尊敬の表現になります。尊敬語ですから、自分に対しては使いません。「ご尽力」は上司など目上の人や取引先など社外の人に対して、全力を費やしてくれたということへの感謝の気持ちをこめて使います。

例文としては、
「ご尽力のおかげで」
「ご尽力くださいまして」
「多大なるご尽力」

などがあります。

例えば上司が手間をかけて支援してくれたにも関わらず、取引先との商談がまとまらなかったときに「ご尽力いただいたにも関わらず、申し訳ありませんでした」のように用いれば、マナーをわきまえた部下という印象を与えられます。

「ご尽力」の類語

他にも「ご尽力」の類語はたくさんあります。「ご協力」や「ご支援」は比較的馴染み深いものでしょう。

ビジネスでよく使われる類語は他に「ご助力」「骨折り」などもあります。

Thumb「ご理解」「ご協力」の使い方!ビジネス敬語を正しく使えてる?【例文】
「ご理解」「ご協力」という言葉はビジネスシーンでしばしば使われる言葉ですが、その意味・使い方...

「ご尽力いただき」の使い方

ビジネスシーンでは多くの場合、努力よりも尽力を使う頻度が高いです。ではさらに丁寧な表現である「ご尽力いただき」の使い方をみていきましょう。

基本は目上の人に対するお礼

「ご尽力いただき」とすれば、「いただき」は「してもらう」の謙譲語ですから、相手を敬うだけでなく自分を相対的に低める表現まで使って、失礼のないよう丁寧に感謝していることになります。

したがって「ご尽力いただき」は目上の人に、感謝の気持ちを表す文脈のなかで使います。

例えば上司が自分を助けてくれた際とか、先輩が協力してくれた場合などに、深く感謝を示すために「ご尽力いただきありがとうございます」のように使います。

話し言葉よりも書き言葉

職場にもよりますが、社内で上司と会話するなかで「ご尽力いただき」と使うのは、間違いではないものの、堅苦しい印象で場にそぐわないことはあるでしょう。

一方でビジネスメールの場合、話し言葉よりも丁寧な言い回しや、少々かしこまった表現を使うことが一般的です。

よくある例で「ご尽力いただき」をもっと丁寧に「ご尽力を賜り」と言い換えても構いません。「賜る」は「もらう」の謙譲語で、上司など目上の人から何かを頂戴する意味の言葉です。

以下の例文でもいくつかは、「ご尽力いただき」の部分を「ご尽力を賜り」とすることが可能です。

Thumb「尽力いたします」の意味やビジネス/メール/履歴書などの例文や使い方
「尽力いたします」を使えば、深い敬意を表現しながらも、自分のやる気をアピールすることができま...

「ご尽力いただき」の例文

それでは実際のビジネス現場で「ご尽力いただき」をどのように使ったらよいのか、例文を挙げてみましょう。

【場面別】

メールと、かしこまった書状とに分けて例文を挙げてみます。

ビジネスメール

・この度は弊社の春季キャンペーンにご尽力いただき、誠にありがとうございました。

・平素より品質向上にご尽力いただきまして、厚く御礼申し上げます。

・この度は○○様にご尽力いただきましたにもかかわらず、残念な結果となってしまいました。深くお詫び申し上げます。

お礼状や取引先への挨拶状

・先日、株式会社○○から内定通知をいただきました。これもひとえに○○様にご尽力いただきましたおかげと深謝いたします。

・弊社はおかげさまで創業10周年を迎えることとなりました。これもひとえに、日頃からお取引いただいております皆さまにご尽力いただきました賜物でございます。厚く御礼申し上げます。

・貴社におかれましては、日頃より地域の振興にご尽力いただき、誠にありがとうございます。

【対象別】

次に上司、取引先、その他に分けた「ご尽力いただき」の例文です。

上司

・商談をうまくまとめるために、○○先輩にご尽力いただきました。

・取引先への根回しにご尽力いただきましたおかげで、スムーズに進行できました。

取引先

・日頃から弊社製品のメンテナンスにご尽力いただき誠にありがとうございます。

・先日の特売会では、会場の設営をはじめ多方面にわたりご尽力いただきまして、深く感謝申し上げます。

その他

・日頃から当サイトの口コミにご尽力いただきありがとうございます。

・○○先生には、当サークルのためご尽力いただきまして、誠にありがとうございます。

Thumbお礼メールの件名/タイトルの書き方や注意点をビジネスの場面で紹介!
ビジネスでは必要なスキルとされているものにお礼メールの書き方があります。その中でも件名の書き...

「ご尽力いただき」の類語表現

一通のメールや書状のなかで、「ご尽力いただき」を二度三度と使用するのはマナーとして避けたいものです。では「ご尽力いただき」を言い換えるのに適切な類語表現は何なのか、失礼にならないような注意点も含めて挙げてみます。

「ご尽力いただき」と「お力添えいただき」

まず思い浮かぶ類語は「お力添え」でしょう。ビジネスシーンでは「ご尽力」「お力添え」どちらも頻繁に用いられます。
 

「力添え」の意味・・・力を添えること。手を貸すこと。


尊敬を表す接頭辞「お」をつけた「お力添え」は、「お力添えいただき」や「お力添えを賜り」「お力添えのほど」のような丁寧な表現にして、感謝やお詫び、さらにはお願いをするときに使います。

お礼の文脈においては「ご尽力いただき」は「お力添えいただき」に言い換え可能なことが多いのですが、常に可能というわけではなく、ニュアンスには違いがあります。

Thumb「お力添え」の意味や敬語の使い方!メールやビジネスの場面を例文で解説
「お力添え」という単語の意味をご存知でしょうか。「お力添えいただきありがとうございます」や「...

手助けの程度で使い分けます

すでに説明しましたように、「ご尽力」は「全力を費やして助ける」ニュアンスですが、
「お力添え」はニュアンス的に「ちょっと手を貸してもらう」程度のことになります。
「助けてもらうためにかけてもらった労力の度合」の軽重で、どちらの表現を使うべきかを判断します。

隣の部署にいる先輩社員が、ビジネス上のマナーをアドバイスしてくれたことは「お力添え」、上司が一緒に休日出勤してあなたを手伝ってくれたら「ご尽力」が適当、のように考えられますが、明確な線引きや客観的な基準はどこにもありません。手伝ってもらったあなた自身の判断になります。

誰かにしてもらった手助けの内容が、例えば「ちょっとした協力」程度にもかかわらず「ご尽力」を使ってしまうと、お礼のつもりが逆に「もっと手伝ってくれると思ったのに」という、失礼な嫌味と受け取られかねません。
外部からのアドバイス程度であれば、深く気にせずに「お力添え」を使いましょう。

「お力添え」を使うときのポイント

「力添え」という言葉を自分に対して使うことはしません。
メールなどで「力添えさせていただきます」ですとか「力添えできず申し訳ございません」などと使っているケースが散見されますが、マナー違反というよりも誤用です。
「力添え」は「他人から援助を受ける」ことで、自分について使用する場合は「尽力」とします。

また「お力添え」は長い年月に渡る協力に対するお礼や、すべての取引先など大勢を対象とするお礼でよく使われます。お一人お一人の(小さな)支援が集まった結果、大きな成果が得られました、という丁寧な感謝の意味合いがあります。ビジネスメールの定番フレーズでもあります。以下の例文を参考にしてください。

「お力添え」を使ったメールの例文

・これもひとえにお取引先の皆様のお力添えのお陰でございます。(感謝)

・皆様には日頃から弊社にお力添えを賜りまして、心より御礼申し上げます。(感謝)

・ますますのご指導とお力添えを賜りますよう、お願いいたします。(依頼)

・ぜひお取引先各位のお力添えを賜りたく、お願い申し上げる次第です。(依頼)

・お力添えを頂いたにもかかわらずこのような結果となってしまい、誠に申し訳ありませんでした。(お詫び)

Thumb「ご尽力」の意味や使い方とは!お力添えとの違いや例文・マナーを解説
「ご尽力」はビジネスのメールや挨拶などでよく使われることが多いです。この「ご尽力」はさまざま...

「ご尽力いただき」をビジネスやメールで使う

明日からすぐにでも「ご尽力いただき」やその類語をビジネスの場で正しく使えるように、少々補足いたします。

相手の姿勢を見極めましょう

外部からアドバイスした程度の協力であれば、「ご尽力」を使うと失礼な嫌味と受け取られるリスクがある、と説明しました。逆もまた然り、です。

目上の人ができる限りの力を貸してくれたときには、「ご尽力いただき」が適切です。その上司なり社外の人は一生懸命協力してくれたのに「お力添えいただき」では、先方は軽視されたように感じてしまうかもしれない、失礼な表現になってしまいます。

「次もまた助けてあげよう」と思われるのと「あんな失礼なやつ、二度と助けてやるものか!」と思われるのでは大きな違いですから、言い間違いでは済まされません。

過去形では使わない

例文として
「地域復興のために尽力いたします」は問題のない言い回しです。

しかし、「地域復興のために尽力いたしました」などと、自分(または自分の会社)が過去に行ったことについて、過去形で「尽力」は使いません。

先に触れましたように、「頑張ります」という自分の意欲を相手に伝える場合に「尽力」を使うからです。

上の例文について過去形で書く場合は、「地域復興のお手伝いをさせていただきました」のように、類語などに言い換える必要があります。

「尽力を注ぐ」は誤用

メールの文面で「尽力を注ぐ」と使っている例が散見されます。
「全力を注ぐ」や「総力を注ぐ」と混同しているのでしょうが、これは誤用です。


「ぜんりょく」と「じんりょく」は1文字違いで語感が似ているからでしょうか。失礼ながら言葉のイメージで、「尽力」だけで丁寧語であると勘違いしているのかもしれません。

「尽力」という言葉だけで「力を尽くす」意味なのですから、「尽力を注ぐ」では「力を尽くすことを注ぐ」となり、これは重語にあたります。重語は必ずしも間違いではありませんが、ビジネスメールでは避けるべきマナー違反です。

Thumb「尽力を尽くす」の意味や使い方!敬語の間違いや例文を正しく解説!
「尽力を尽くす」という言葉を使いこなせば、一生懸命努力していることを、相手に評価してもらいや...

「ご尽力いただき」を目上の人や上司に使うと失礼?

年配の人ほど、また経営陣など敬語慣れしている人ほど、言葉遣いのマナーには敏感なものです。「ご尽力いただき」を取引先や上司など目上の人に使う際のポイントをまとめてみます。

敬語としては適切です

先に触れましたように、「尽力」に接頭辞の「ご」をつけた「ご尽力」は尊敬表現ですし、「いただき」は「してもらう」の謙譲語ですから、「ご尽力いただき」は目上の人への敬意や感謝の念が含まれた丁寧な表現です。マナーとして問題はありません。

基本的には上司や重役、取引先に対しての、お礼の文脈とお詫びの文脈で「ご尽力いただき」は使用します。

目上の人が力を尽くしてくれたおかげで成果を得た、という意味で「ご尽力の賜物」という言い回しも、「ご尽力いただき」と同様の丁寧な印象を与えられます。

「お願い」で使うのはNG

「ご尽力いただき」は尊敬表現ですから、例えば取引先に何かお願いしたいときに「ご尽力いただきたく」ですとか「ご尽力くださいますようお願い申し上げます」などと使うのは誤りです。
 

「全力を費やして助ける」ことを上司や目上の人に目下の者から頼むなんて失礼千万、マナー違反も甚だしいことになります。


ちょっとでも構わないので助けてください、というニュアンスで、目上の人に何か手助けを依頼するときは「お力添え」を使います。先に挙げた「お力添え」の例文を参考にしてください。

せっかくの丁寧な表現も使い方を一歩間違ってしまうと、マナーに反するばかりか誤解を招いてしまうこともあるので、しっかり理解しておきましょう。

類語は他にもあります

今回は「ご尽力いただき」と、その代表的な類語である「お力添え」について説明して参りましたが、いかがでしょうか。「あぁ、これまで深く考えもせずに使ってしまっていたのはマナー違反だったかなぁ」などと気づいていただけたら嬉しい限りです。

今回は長くなるので割愛しましたが、「ご尽力いただき」の類語は他にも「ご支援いただき」「お骨折りいただき」など、丁寧な言い回しがいくつかあります。

このような類語の使い分けは、一朝一夕にできるようにはなりません。まずは「ご尽力いただき」と「お力添えいただき」だけでも、今後は正しく使い分けるように意識してみましょう。取引先や目上の人の、あなたへの評価も「マナーをわきまえた人物」へと徐々に変わっていくことでしょう。
 

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
pinbokerocky

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ