「尽力いたします」の意味やビジネス/メール/履歴書などの例文や使い方

「尽力いたします」を使えば、深い敬意を表現しながらも、自分のやる気をアピールすることができます。上司や目上の人に自分を知ってもらうためにも、大切なフレーズです。この記事から、「尽力いたします」のビジネスやメールでの使い方、例文を学びましょう。

「尽力いたします」の意味やビジネス/メール/履歴書などの例文や使い方のイメージ

目次

  1. 1「尽力いたします」の意味は?
  2. 2「尽力いたします」の使い方
  3. 3「尽力いたします」の例文
  4. 4「尽力いたします」の類似表現
  5. 5「尽力いたします」をビジネスやメールでの使い方
  6. 6「尽力いたします」を履歴書で使う際のポイント
  7. 7「尽力いたします」で自己アピールをする

「尽力いたします」の意味は?

「尽力いたします」に含まれている意味について調べてみましょう。「尽力いたします」を自信を持って使いこなすことができるようになるためにも、意味について知ることが必要不可欠です。

「尽力いたします」の「尽力」の意味

「尽力いたします」の意味を理解するためには、二つの部分に分けて考えることができます。「尽力いたします」の初めの部分である「尽力」には、「力を尽くす」という意味が込められています。

「尽力」という言葉に使われている漢字が、意味にそのまま反映されていることがわかります。そのため、「力を尽くした」仕事をするときや、一生懸命努力することを表現するために「尽力」を使えることになります。

「尽力いたします」の「いたします」の意味

「尽力いたします」の「いたします」という言葉には「する」という意味が含まれています。そのため、「尽力する」や意味をわかりやすく言い換えた、「力を尽くします」という意味が「尽力いたします」にあることになります。

Thumb「尽力」の意味や使い方とは?尽力するの様な類語から読み・マナーも解説
「尽力する」とはどういう意味でしょう?「努力する」とは何が違うのでしょう?あなたはきちんと答...

「尽力いたします」の使い方

「尽力いたします」を普段の会話で使えるようになるためにも、使い方について紹介します。

これから頑張ることを伝える使い方

「尽力いたします」というフレーズを使えば、「力を尽くす」や「努力をする」という意味を伝えることができますが、「これから頑張ること」を伝えることができるようにもなります。

「これからの活躍を期待しているからね」と上司に言われた時に、「尽力いたします」で答えれば、「これから努力して頑張ります」と言っていることになります。

Thumb「頑張ります」は敬語?ビジネスでの上司への使い方や意味・言い方を解説
「頑張ります」や同じ意味を敬語で使用することができれば、努力したい気持ちを周りの人に伝えるこ...

「尽力いたします」の例文

「尽力いたします」が使われている例文を調べてみましょう。基本的に「尽力いたします」を使いたいと思ったら、例文を暗記して、会話の中にそのまま取り入れることができます。

行事やイベントで使える例文【場面別】

「尽力いたします」を使うことのできる場面に、行事やイベントがあります。目上の人がたくさん集まっている、行事やイベントの中で「尽力いたします」 を「尽力してまいります」という例文に言い換えて使えます。

「尽力してまいります」の「まいります」には「行きます」の謙譲語が使用されているため、「尽力してまいります」には「努力していきます」という意味が含まれていることがわかります。

「尽力いたします」よりも「尽力してまいります」の方が、かしこまった言い方がされているので、目上の人が集まる機会である行事やイベントの時のスピーチに、「今後も尽力してまいります」という例文を使うと、その場にふさわしい敬意が表現されています。

上司に使える「尽力いたします」の例文【対象別】

「尽力いたします」を上司に対して使う時には、「尽力いたします」をそのまま使うこともできますし「尽力します」という自然な敬語に言い換えることもできます。

「尽力いたします」を「尽力します」に言い換えることによって、「失礼な表現を使っているのではないか」 と考える人もいますが、「します」は敬語の丁寧語が使用されているため、心配することはありません。

もちろん、「尽力いたします」と「尽力します」では、「尽力いたします」の方が深い敬意を示すことができます。しかし、親しい上司と会話をしている時には「尽力します」の方が、過度にかしこまっていない自然な言い方になります。

Thumb「ご尽力いただき」の意味や使い方!ビジネスやメール例文やマナーを解説
「ご尽力いただき」という表現は、ビジネスの場でよく見かけたり耳にしたりしますが、意味をきかれ...

「尽力いたします」の類似表現

「尽力いたします」の例文だけでなく、「尽力いたします」の言い換えた類似表現を習得することができれば、同じような意味であったとしても、他の言葉で表現することができるようになります。

自分の語彙を増やすためにも「尽力いたします」の言い換えた類似表現の例文について、しっかりと理解しましょう。

一生懸命頑張ります

「尽力いたします」を「一生懸命頑張ります」という類似表現に言い換えることができます。「一生懸命頑張ります」 という言い換えた類似表現が使われている時には、命がけで努力する様子を表現しています。

もちろん、「一生懸命頑張ります」という言い換えた類似表現を使っている全ての人が、命がけで何かをしているわけではありません。

そのため、「尽力いたします」でも、「一生懸命頑張ります」でも、自分が真剣に努力する姿勢を表現できることになります。

Thumb「頑張ります」は敬語?ビジネスでの上司への使い方や意味・言い方を解説
「頑張ります」や同じ意味を敬語で使用することができれば、努力したい気持ちを周りの人に伝えるこ...

精進します

「尽力いたします」を言い換えた類似表現である「精進します」には、「特定のことに集中して努力を続ける様子」という意味が含まれています。そのため、ただ努力を続けているのではなく、集中している時にも使える類似表現です。

何かの作業に集中した努力を注ぎたいと感じているのであれば、「尽力いたします」を言い換えた類似表現である「精進します」を使用することができるでしょう。

特定の分野での仕事で努力したい時には、「集中」しなければなりません。そのような仕事を行うときに、「精進します」を使うことができるでしょう。

Thumb「精進します」の意味と使い方|ビジネスでの例文・類語を解説!
「精進します」や「精進いたします」という表現、ビジネスシーンではよく使われます。この記事では...

奉仕する

「尽力いたします」を言い換えた類似表現に「奉仕する」があります。「尽力いたします」を言い換えた類似表現の「奉仕する」には、「報酬や見返りを求めないで、無私の労働を行うこと」という意味が含まれています。

そのため、「尽力いたします」のように「力を尽くす」様子を表現しているわけではないものの、言い換えた類似表現である「奉仕する」では、努力の内容について言及されていることになります。

この「尽力いたします」の言い換えた類似表現の「奉仕する」を使いながら、利益を求めた努力ではなく、ボランティア精神を持っていることを強調することができます。「奉仕する」という言い換えた類似表現で、自分の無私の気持ちを表現しましょう。

力を入れる

「力を入れる」も「尽力いたします」を言い換えた類似表現です。「力を入れていきます」という例文では、これから努力しようとしている様子が表現されています。

そのため、「尽力いたします」ほどの敬意を表現することができないとしても、言い換えた類似表現である「力を入れる」を使いながら、リラックスした会話をすることができます。

Thumb「努めてまいります」の意味や使い方!メール/履歴書などの謝罪例文
「努めてまいります」を使いこなすことができる人は、自分のことを上手にアピールできる人です。仕...

「尽力いたします」をビジネスやメールでの使い方

「尽力いたします」のビジネスやメールでの使い方について紹介します。「尽力いたします」をビジネスやメールで使う時には、上司や目上の人を不快にさせることのない言葉遣いをする必要があります。

ビジネスの場面で使える「尽力する所存です」

ビジネスの場面で、上司や目上の人と会話をしている時に「尽力いたします」を言い換えて「尽力する所存です」と言うことができます。後半部分に使用されている「所存です」には、「思う」や 「考える」という意味が含まれています。

しかし、「尽力していきたい」という簡単な意味だけを表現しているのではなく、「尽力する所存です」では謙譲語が使われているため、上司やかなり目上の人に対して深い敬意を示すことが可能になります。

普段から面識のない上司と会話をしている時や、お世話になっている取引先の人と会話をしているビジネスの場面で、「尽力する所存です」や似た表現である「尽力させていただく所存です」を使えば、ビジネスの場面で違和感のない言葉遣いになります。

Thumb「所存です」の意味と使い方|履歴書・ビジネスメールの書き方【例文】
ビジネスメールなどでよく使われる敬語表現に「所存です」があります。皆さんは正しい意味をご存知...

ビジネスメールでの「尽力いたします」の使い方

ビジネスメールの中で「尽力いたします」を「ご期待に添えるよう尽力いたします」という例文にして使用することができます。何のために「尽力いたします」つまり、力を尽くそうとしているのかを明らかにしている例文です。

「尽力いたします」だけでは、努力の質が明らかになっていないですが、例文の中では「ご期待に添えるよう」で、相手の期待に沿うために努力することを明らかにしています。

書き言葉にするビジネスメールのような場面であったとしても、「ご期待に添えるよう尽力いたします」のような正しい敬語が使われている例文を使用することができます。

便利なビジネスメールの作り方

「尽力いたします」を使用しながら、便利なビジネスメールを作ることができます。ビジネスメールの中で「お力になれるよう、尽力させていただきます」や「お力になれるよう、尽力させていただく所存です」という例文を使用できます。

職場の上司にビジネスメールを送らなければならない時に、「お力になれるよう」と「尽力いたします」が使われている例文を組み合わせれば、「上司に協力をしたい」という気持ちを伝えることができます。

上司は部下に協力したい気持ちがあれば、お願いをしやすいと感じます。そのため、上司へのビジネスメールを作成する時に、「お力になれるよう、尽力させていただきます」という例文で、上司と協力するために努力したいと思っている事を表現しましょう。

Thumbビジネスメールの書き方や送り方とは!社会人マナーを定型文で学ぼう!
社会人にとってビジネスメールはとても重要です。相手に失礼のないビジネスメールを送ることによっ...

上司に対する「尽力いたします」の使い方

上司へのビジネスメールの中で「尽力いたします」を言い換えて、「精一杯、尽力させていただきます」という例文を使うことができます。

「尽力いたします」と同じような意味が、上司へのビジネスメールで使用されているだけでなく、「精一杯、尽力させていただきます」の「精一杯」で、「力のある限りを出す」様子を表現できています。

このビジネスメールを受け取った上司は、「最善を尽くして努力してくれるんだ」と仕事に対する気合いのこもった姿勢を理解してくれるでしょう。この例文を上司へのビジネスメールで使って、自分のやる気をアピールすると良いです。

上司に感謝する「尽力いたします」の使い方

「尽力いたします」で使われている、「尽力」という言葉を使用しながら、上司に感謝するビジネスメールを送ることができます。「ご尽力をいただき心から感謝申し上げます」という例文をビジネスメールで使えます。

そうすれば、「尽力いたします」とは違う意味にはなりますが、「努力をしてくださりありがとうございます」という意味を、感謝を込めて表現することが可能になります。「尽力いたします」の「尽力」で相手の努力を表現している例文です。

そのため、 自分の努力の場合は「尽力いたします」と表現しているものの、相手の努力については「ご尽力」と「ご」をつけて深い敬意が示されていることが分かります。

Thumb「ご尽力」の意味や使い方とは!お力添えとの違いや例文・マナーを解説
「ご尽力」はビジネスのメールや挨拶などでよく使われることが多いです。この「ご尽力」はさまざま...

取引先の人に感謝するビジネスメール

「尽力いたします」の「尽力」を使用しながら、「関係者の方々のご尽力に心より感謝申し上げます」という例文を作成することができます。

この場合も、「尽力いたします」のような自分の努力を表現しているのではなく、「関係者の方」の努力を表現しているために「が」が使われていることになります。ビジネスメールで関係者の人に、一斉送信で感謝を示す時に便利な例文です。

ビジネスメールの中で取引先の人に「関係者の方々のご尽力に心より感謝申し上げます」という例文を使うことができれば、取引先の人が協力してくれたことに感謝していることや、協力を当たり前のものと見ていないことも、間接的に伝えています。 

「尽力いたします」を履歴書で使う際のポイント

「尽力いたします」を履歴書で使う際のポイントについて理解しましょう。履歴書の中で使う言葉遣いを、将来の上司になるかもしれない人が見ることになるため、履歴書の中では正しい敬語表現が使えていなければなりません。

会社に貢献できることをアピールしよう

履歴書を見ている人達は「尽力いたします」が正しく使われているかどうかではなく、履歴書の中を見ながら「この人は会社に貢献することができるのか」を見極めたいと思っています。

そのため、履歴書の中で「尽力いたします」を使いたいのであれば、自分が会社に貢献できることをアピールする形で「尽力いたします」を履歴書の中に記入しなければなりません。

では、「尽力いたします」を履歴書の中で自分の貢献度をアピールする形で使う方法について、詳しく紹介します。

御社のお力になれるよう

履歴書の中で「御社のお力になれるよう、尽力いたします」という例文を使うことができます。非常に深い敬意が示されているため、上司へのビジネスメールの中など、履歴書以外でも使用することのできる例文です。

注目したいのは、「尽力いたします」だけでなく「御社のお力になれるよう」と、履歴書の中で会社に貢献できる意欲を持っていることをアピールしています。そのため、会社のことを考えた人であることを、履歴書を通して理解してもらえます。

もちろん、履歴書を読んでいる人は、他の文章にも目を通しているため、それらの文章もしっかりと記入しなければなりません。しかし、履歴書の中で、この例文が使われていれば、「会社に貢献できる人」とみなしてもらえる可能性が上がります。

「尽力いたします」で自己アピールをする

どのような仕事をしていたとしても、自分のやる気をアピールすることはとても大切です。そして、自分のやる気や「力を尽くしたい」という気持ちを表現するために、「尽力いたします」を生活に取り入れることができます。

そうすれば、コミュニケーションを取っている相手に、自分のやる気を伝えることができるだけでなく、「尽力いたします」という丁寧な敬語が使われていることから、深い敬意を示していることも理解してもらえます。

普段から接する目上の人に失礼な態度をとることがないためにも、「尽力いたします」を使いながら、丁寧な表現の仕方で自己アピールをしていきましょう。

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
ゆうた

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ