「ご理解」「ご協力」の使い方!ビジネス敬語を正しく使えてる?【例文】

「ご理解」「ご協力」という言葉はビジネスシーンでしばしば使われる言葉ですが、その意味・使い方を正しく理解せずに使われている例も見られます。この記事では、「ご理解」「ご協力」といったビジネス敬語の正しい使い方を例文を交えて説明します。

「ご理解」「ご協力」の使い方!ビジネス敬語を正しく使えてる?【例文】のイメージ

目次

  1. 1「ご理解」「ご協力」の意味と使い方とは?
  2. 2「ご理解」「ご協力」を使った例文
  3. 3「ご理解」「ご協力」を目上の人や上司へ使う際
  4. 4「ご理解」「ご協力」のより丁寧な言い換え表現
  5. 5「ご理解」「ご協力」の対義語とは?
  6. 6「ご理解~」や「ご協力~」類似表現まとめ
  7. 7「ご理解/ご協力ありがとうございました」の様な感謝表現
  8. 8「ご理解」「ご協力」をうまく使って相手への依頼をスムーズに

「ご理解」「ご協力」の意味と使い方とは?

「ご理解」「ご協力」はそれぞれ「理解」「協力」の敬語表現の一種です。従って「ご理解」や「ご協力」はどちらもビジネスシーンにて、目上の方に対して使うイメージがあります。

ビジネスシーンでは外部の人・上司など多く人を「目上」と見なして敬語を使いますので、「ご理解」「ご協力」を用いる機会は多いといえます。ここではまず、「ご理解」「ご協力」の意味を確認し、また、これらの言葉の使い方をまとめます。

「ご理解」の意味と使い方

まず、「理解」の意味は、物事のことを知ること。意味を飲み込むこと。他人や他者のことをわかることです。「ご理解」とは「理解」に敬語の一つである「ご」を足した形となっています。

敬語は相手を敬う表現ですから、「ご理解」は自分ではなく相手が何かしらの物事を「わかっている」「わかってほしい」という時に使うことになります。

現実的には、目上の相手に「わかってほしい」ときに「ご理解ください」「ご理解を賜りますよう、お願いいたします」と言ったように、物事についてわかってもらうことをお願いする際に用いることが多いです。

また相手から理解や了承を得たときに「ご理解いただき、誠にありがとうございます」と言ったように、相手への感謝の気持ちを表すうえで使用されることもあります。

ビジネスシーンでは上司はもちろん、クライアントなど他者についても「目上」とおいて敬語表現を用いて会話することが多いです。従って相手にわかってもらいたいとき、了解を得たいときには「理解」の敬語表現「ご理解」を用いることはごく一般的です。

Thumb「ご理解」の意味や使い方とは?ビジネスでの例文や違いを徹底解説!
「ご理解」という言葉を知っていますか?「ご理解ください」と書かれたメールを見たことはないです...

「ご協力」の意味と使い方

ご理解同様、「ご協力」は「協力」の敬語表現ということになります。「協力」の意味は「何かしらの目標、目的に向かって一緒に行動、活動すること」を意味します。

相手に敬語として使うということなので、「ご協力」とは「ご協力おねがいします」と言ったように相手に手伝うことをお願いしたり、又は「ご協力を賜り誠にありがとうございます」と言ったように、相手の協力に対して感謝する際などにしばしば用いられます。

このように「ご協力」についても、ビジネス上の相手に協力をお願いしたり、また協力に感謝したりする際にはしばしば用いられます。

ビジネスシーンでは敬語を使うのはごく一般的なのは前述のとおりですが、特にビジネスシーンにおいて外部の人、クライアントなどや、上司などに協働や協力を依頼するシーンは数多くあります。従って「ご協力」という言葉を用いる機会も非常に多いといえます。

「ご理解」「ご協力」を使った例文

それではおおまかな意味や使い方を確認したところで、実際の使用するシーンをイメージしながら、「ご理解」「ご協力」を使った例文を紹介していきます。

私用するイメージを持ってもらうため敢えて具体的なシチュエーションを交えて説明しておりますが、勿論実際には様々なシチュエーションで用いられます。

「ご理解」「ご協力」とも何かを相手にお願いする場合や、「ご理解」「ご協力」をしてもら得た場合に感謝する場合に使用する機会が多いです。

クライアントに納期の遅れを了解してもらうとき

「ご理解」をビジネスシーンで使う例として多いのは、相手に状況の変化や面倒を認識し、認めてもらう際です。

【例文】
この度発生した台風の影響による資材の到着遅延により、納期が○月○日へ後ろ倒しになります。貴社には多大なるご迷惑をお掛け致しますが、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

勿論納期の遅れだけではなく、仕事上の予定の変更や工数の追加など、相手が「面倒」と思うことについて認識し、また了解をお願いするときには汎用的に使うことができます。

ビジネスにおいては状況が変更したり、当初想定通りに事が運ばず、相手にその状況を了解してもらう必要がある、という状況はごく日常的に発生します。そのような際に、この表現は役に立ちます。

作業の予定変更に了解されたことにお礼するとき

続いて多いのは、逆にこちらの依頼事項や、確認事項を認識し、了解してもらえた時に、そのことに対して感謝する際です。例えば以下の例文では、予め以来した作業工程の変更に了解をもらった後の返信を想定しています。

【例文】
この度は先日弊社がお送りした作業工程変更にご理解をいただき誠にありがとうございました。今後は新しい工程に従って作業を進めてまいりますので、何卒よろしくお願いいたします。

この例文はあくまで1シチュエーションだけを説明しておりますが、このように相手が状況の変化や面倒なことなどに了解した事に対するお礼としては広く「ご理解」を用いて感謝表現を書くことができます。

オフィスでの設備移動の手伝いを他部署に依頼するとき

ビジネスにおける外部というのは必ずしも他社やクライアントだけではなく、社内でも普段の業務フローから外れている場合、異例対応をお願いする場合などは、外部=「目上」とみなし敬語を用いることが一般的です。

ここでは総務部が他部署に、オフィスルームの移転に関する協力を呼び掛けている例文を紹介します。

【例文】
先日ご連絡の通り、〇〇部は来週末に〇階へ移動となります。つきましては、今週中に各人の備品を整理いただきますよう、ご理解とご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。

特に大きな組織になればなるほど、社内でもかかわりの浅い他部署はこのように外部のような扱いで対応することが多いです。

社内外に関わらず、仕事上相手の手伝いや協働を求める必要がある場面は数多いので、この「ご協力」という表現はとても汎用性が高いものと言えます。

クライアントに作業の対応について感謝するときの表現

「ご理解」同様、「ご協力」も実際にお手伝いいただいた後の感謝表現としても用いることができます。こちらはクライアントに作業状況の確認作業に対応いただいたことにお礼する例文です。

【例文】
先日は、これまでのフェーズの作業工程確認へのご協力を賜り、誠にありがとうございました。特段問題ないようでしたので、次の工程に進めさせていただきます。

このように、「ご協力」してもらえた後の感謝表現として使うことも多いです。後段でも説明しますが、せっかく「ご協力」いただいた後には、しっかり感謝をすることも、ビジネスにおける円滑なコミュニケーションのポイントです。

「ご理解」「ご協力」を目上の人や上司へ使う際

先で説明したように「ご理解」「ご協力」はいずれも敬語表現になりますので、相手を目上と置いて、外部の人や上司に用いるのは一般的です。

目上の方に用いる以上、ビジネス上での使い方には気を付ける点がいくつかありますので、ここで目上や上司に「ご理解」「ご協力」というフレーズを使う際のポイントを紹介します。

上司や目上の方にものを頼んだり、対応に感謝したりということはビジネスにおいてごく一般的に発生することです。円滑なコミュニケーションのため、以下のポイントに留意し、丁寧に対応しながら「ご理解」「ご協力」を使うことが望まれます。

相手に面倒をかけて申し訳ないという表現を合わせる

程度はケースバイケースですが、「ご理解」「ご協力」という言葉を用いて何かを相手にお願いしたり、了解してもらう場合は、ある程度目上と想定される外部の方や上司などに「面倒なこと」をお願いするのが一般的です。

敬語表現である「ご理解」「ご協力」を上手に用いるのはもちろんですが、前後でも、「目上の方にこんなことを依頼して悪いと思っている」ということを感じさせるフレーズを入れることで、失礼な印象を抱かせることを避けることができます。

【例文①】
明日から出張につき、代理対応をお願いする形となります。お手数おかけいたしましますが、ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

【例文②】
今週は下記の時間帯にてサーバーのメンテナンスを実施いたします。各部署にはご迷惑をおかけいたしますが、何とぞご協力を賜りますよう、よろしくお願いいたします。」

【例文③】
来週の日曜日は実地での共同調査となります。休日にも関わらずお手数おかけいたしまして誠に恐縮ですが、ご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

【例文④】
来週はクライアント側も部長が出席されますので、○○部長に置かれましても是非ご同席いただきたく。お忙しい中お手数おかけいたしますが、ご協力よろしくお願いいたします。

了解をもらったことや協力してもらえた場合には感謝を丁寧に

「ご理解」「ご協力」を目上の方や上司にお願いしたうえで、無事了解を得たり、或いは協力をしてもらえたりした場合には、感謝の気持ちもぬかりなく伝えるのが肝要です。

丁寧な表現までしてお願いしたことなのに、それに対しての感謝がない、ではせっかく頼み方が良くても却って失礼に思われてしまう危険性がありますので、「頼みっぱなし」とはならないように注意が必要です。

【例文①】
この度は出張中の不在中のご不便についてご理解いただき誠にありがとうございました。

【例文②】
先日のサーバーメンテナンス時のPCシャットダウンへのご協力を賜り、誠にありがとうございました。

【例文③】
この度は○○への急なアポイントへのご協力、誠に助かりました。

「ご理解」「ご協力」のより丁寧な言い換え表現

「ご理解」「ご協力」はこれも敬語表現ではありますが、上司や外部でもある程度面識のある方などに用いる程度の表現ではあり、例えば、クライアントの役員などの上席者へ連絡する場合など、より丁寧な表現が推奨される場合もあります。

ここでは「ご理解」「ご協力」の順に、更に丁寧な言い換え表現を紹介します。

「ご理解」のより丁寧な言い換え

まずは「ご理解」のより丁寧な言い換えです。単語別でみると全く同じ意味となるわけではないのですが、「ご理解」という言葉を使う時は相手に状況を認識したり、了解をもらったりしたい時に用いるのが一般的です。

従って、「認識する・了解する」といった言葉の敬語表現などを用いて丁寧に言いかえることができます。

【例文】
ご了承くださいますようお願い申し上げます。
ご容赦を賜りますようお願い申し上げます。

このような表現が「了解」を目上の方にお願いするときの表現に当たります。普段関わっているわけではない方、クライアント・関係会社の上席者へのご挨拶などで用いる場合には、こうした表現に言いかえることが望ましいことも多々あります。

Thumb「了解いたしました」の意味や使い方!正しい・丁寧なビジネス敬語使えてる?
ビジネスにおいてよく使われる「了解いたしました」という言葉について、詳しく解説していきます。...

「ご協力」のより丁寧な言い換え

「ご協力」については、「ご理解」と比較すると、比較的丁寧な文章の中でも用いられることがあります。特に「~を賜り」「多大なる~をいただき」という表現などを用いれば、かなりかしこまった印象を与えます。

また、別の言葉を用いる場合は「ご支援」「お力添え」といった言葉が想定されます。特定対応を依頼するのではなく、時候のあいさつの中で漠然と「ご協力」をお願いするような局面では、これらの言葉を用いる方がより丁寧な印象を受けます。

【例文①】
ご協力を賜りますよう、何卒よろしくお願いいたます。

【例文④】
この度は多大なるご協力をいただき、誠にありがとうございました。

【例文③】
今後とも、ご支援のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

【例文④】
お力添えのほどよろしくお願い申し上げます。

「ご理解」「ご協力」の対義語とは?

さて、この章では「ご理解」「ご協力」の対義語がどのような言葉で、どのように用いられるのか解説します。結論から言うと「ご理解」「ご協力」とも対義語はビジネスシーンで用いる頻度は「ご理解」「ご協力」より少ないといえます。

「ご理解」の対義語

「ご理解」の対義語を考える上で「理解」の対義語を考えます。理解とは「わかること」「認識すること」ですが、この対義語は「表現」「表明」となります。相手のことをわかることが「理解」なので、相手がわかるように「示すこと」が「表現」となります。

「表現」「表明」についての敬語表現が「ご理解」の対義語となりますが、理解のように「ご」を付加して敬語表現とするのは文法として誤りではありませんが、あまり一般的ではありません。

「表現される」「表明される」など後ろの単語を敬語表現にすることで敬語表現とします。但し、「ご理解」と比較すると、実際にビジネスシーンなどで使用する場面は限定的です。

「ご協力」の対義語

次に「ご協力」ですが、こちらの方は対義語を敬語にする状況はとても限定的です。

といいますのも、ご協力は「協力」の敬語表現ですが、「協力」の対義語は「妨害」となります。なかなかビジネス上、目上の方に妨害という言葉を敬語表現で用いることは稀です。

従って「ご協力」の対義語は、これを無理やりに敬語にして「妨害される」「お妨げになる」といった形となりますが、ビジネスシーンで用いることはあまりありません。

「ご協力」の対義語は、「ご協力」自体と比較するとビジネスシーンでの使用機会は少ないです。

「ご理解~」や「ご協力~」類似表現まとめ

ビジネスシーンでは同じ言葉の繰り返しは格好が悪く見える場合も多いです。例え「ご理解」「ご協力」がある程度丁寧な表現だとしても、繰り返し使われると煩わしい、適当に対応していると思われるリスクもあります。

ここでは「ご理解」「ご協力」の類似表現を紹介します。別の言葉で同じような意味を伝えたいと思った場合は、「ご理解」「ご協力」の代わりにこちらの章の表現を用いることをおすすめします。

「ご認識」や「ご納得」は「ご理解」と同等程度の表現

「ご理解」と同程度の敬語表現として考えられるのは「ご認識」や「ご納得」といったものがあります。いずれも状況には応じますが、認識、納得は理解の類語となります。

ただ、ビジネスシーンで用いる場合には、「ご理解」より用いる状況はやや限定的になります。相手が認識していなかったことや、想定外のこと、面倒なことに対して用いるのは失礼な印象になります。

どちらかというと、すでに理解してもらっていることの確認や、リマインドに用いるイメージです。また、相手が「理解・認識」したことに対する感謝の文章には用いることができます。

【例文①】
先日ご連絡の通り、明日はシステムメンテナンスを実施予定です。改めてご認識いただきますよう、何卒よろしくお願いいたします。

【例文②】
この度は、前回お出しした新価格にご納得いただき誠にありがとうございました。

「ご承知」「ご容赦」は「ご理解」より丁寧な類似表現

先に出たました「ご容赦」や「ご承知」は「ご理解」より丁寧な表現であると同時に、類似表現とみなすこともできます。

「ご理解」の代わりにこれらの表現を使って問題ないかは相手の距離感によるところではありますが、外部に面倒なことや複雑なことに対して了解を得る必要がある、或いは了解を得た後のお礼といった状況であれば、類似表現として使っても問題はありません。

【例文①】
この度は急な仕様変更につき、ご容赦を賜りますよう、何卒よろしくお願いいたします。

【例文②】
先日お話しした依頼内容につきまして、ご承知を賜り誠にありがとうございました。

Thumb「了解いたしました」の意味や使い方!正しい・丁寧なビジネス敬語使えてる?
ビジネスにおいてよく使われる「了解いたしました」という言葉について、詳しく解説していきます。...

「お手伝い」は「ご協力」よりややフランクな表現

ご協力は物事を一緒に行うことなので、より身近な表現としては「お手伝い」となります。「ご協力」よりややフランクな表現とはなりますが、担当者同士など、外部と言っても普段から付き合いがあるような間柄では問題ない状況も多々あります。

【例文】
本日は足元までの状況確認をお手伝いいただき誠にありがとうございました。おかげさまで無事作業は完了いたしました。

このようにビジネスシーンでも敬語表現の中で「お手伝い」を用いることはあります。

「ご支援」「お力添え」は「ご協力」より丁寧な類語表現

一方で「ご協力」より丁寧な方の類語表現としては、先の章でも紹介した「ご支援」「お力添え」が上げられます。クライアントなど外部でお世話になっている関係性の場合は、「ご協力」の代わりに用いても問題ありません。

また、例文②のように、具体的な協力を行うわけではありませんが、日ごろのあいさつの中で協力をお願いする場合などにも使用します。

【例文①】
来週の作業につき、お手数お掛けいたしますが、お力添えの程、何卒よろしくお願いいたします。

【例文②】
平素より貴社につきましては存分のご支援を賜りまして、誠にありがとうございます。

Thumb「お力添え」の意味や敬語の使い方!メールやビジネスの場面を例文で解説
「お力添え」という単語の意味をご存知でしょうか。「お力添えいただきありがとうございます」や「...

「ご理解/ご協力ありがとうございました」の様な感謝表現

ここまででも紹介した通り、「ご理解」「ご協力」は相手にお願いする場合以外に、相手の対応や理解に感謝する場合にもしばしば用いられます。

この章では、「ありがとう」の気持ちを伝える感謝の表現方法について整理します。

Thumb「ご理解ください」の意味や使い方!類似表現との違いをビジネス例文で解説
「ご理解ください」のビジネス敬語としての丁寧レヴェルはどうなのか。目上の方に使っても失礼じゃ...

「ご理解/ご協力ありがとうございました」の使い方

「ご理解」「ご協力」を用いた感謝表現として一般的なのは「ご理解~ありがとうございました」「ご協力~ありがとうございました」といういい方です。「~」の間には何らかの言葉が入ることもありますし、直接つなげる場合もあります。

いずれにしましても、「協力してもらえた」「認識・了解してもらえた」場合に相手に感謝する表現として最も一般的に用いる表現です。

【例文①】
この度は弊社の方針変更にご理解を賜りまして、誠にありがとうございました。

【例文②】
先日は協働作業へのご協力ありがとうございました。

【例文③】
弊社が顧客向けに実施いたしましたアンケートへご協力いただきまして、誠にありがとうございました。

【例文④】
この度は設備入れ替えにご協力いただき、ありがとうございました。

「ご理解/ご協力感謝申し上げます」はより丁寧な表現

より丁寧な表現としては「感謝申し上げます」が考えられます。「ご理解/ご協力感謝申し上げます」もしくは、ご理解・ご協力と感謝申し上げますの間に言葉を入れることもあります。

作業一つ一つの「ご理解」「ご協力」を感謝するというよりは、プロジェクトの完了など一定の区切りの際のあいさつなどに使うイメージです。また、時候のあいさつのなかでもちいられることもあります。

【例文①】
この度はご多忙なおり、フェーズ〇の作業にご協力を賜り感謝申しあげます。

【例文②】
先日の仕様資材変更へのご理解感謝申し上げます。

【例文③】
貴社には平素より多大なるご協力を賜りますこと、心より感謝申し上げます。

【例文④】
貴社のご協力のお陰様で、無事、弊社の新プロジェクト立ち上げが完了しましたこと、心より感謝申し上げます。

「ご理解/ご協力深謝申し上げます・拝謝申し上げます」はさらに丁寧な表現

さらに丁寧な表現としては「ご理解・ご協力深謝申し上げます」もしくは「ご理解・ご協力拝謝申し上げます」という表現があります。

この辺りはビジネス上で用いる最上の表現で、普段の作業場のやり取りというよりは、クライアントの上席へのご連絡や時候のあいさつの中などで用いられることの方が多いです。

【例文①】
平素より弊社に多大なるご協力を賜り、深謝申し上げます。

【例文②】
この度は弊社の○○事業における貴社の多大なるご協力を賜ること、深く拝謝申し上げます。

【例文③】
先の台風の影響による弊社設備毀損による製品到着遅延にご理解を賜り、深謝申し上げます。

「ご理解」「ご協力」をうまく使って相手への依頼をスムーズに

「ご理解」「ご協力」はいずれも相手にお願いしたり、依頼したりするときに用いることが多い言葉です。ビジネスシーンでは困難なこと、面倒なことを相手に頼むことも多いので、こうした言葉を上手に使いこなして、円滑にビジネスを進めることが望ましいです。

また、相手がこちらに理解をしめしたり、協力に乗ってくれる場合には「ご理解・ご協力ありがとうございました」の様な感謝表現を使って「ありがとう」の気持ちを表現すればビジネス上のコミュニケーションが円滑になります。

「ご理解」「ご協力」を上手に用いてビジネスシーンでの相手との交渉を円滑に進められると、仕事もうまく進められるようになります。

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
tokycampanella
頑張ります。どうぞよろしくお願いいたします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ